ドワンゴクリエイターズブログ 増刊号(2016/7/17 〜 2016/7/23)

ドワンゴクリエイターズブログ 増刊号(2016/7/17 〜 2016/7/23)

2016.07.24
extra_number_160724
増刊号

ハローエブリワン、ジェイだよ。
週終わりに「Pokémon GO」が日本でもリリースされ、この週末はスマホを片手にポケモンを集めるピープルが増えているのではないだろうか。

早速日本でも旋風を起こしているようで、歩きながらスマホをやっている方の画面をチラ見するとほとんどが「Pokémon GO」だったよ。だが、注意してもらいたいのは、画面に集中しすぎて自分の身や他人の身を危険に陥れることだ。

ポケモンを見つけることに明け暮れて、自分の人生を見失うことは避けて欲しい。ポケモンをゲットしたが、自分の大切な人を失うというジョーダンはマイ・フレンドだけで十分だよ。

今日はそんな中、デザイナーであれば知っておきたいアプリを紹介したい。それは「prisma」というアプリだ。これは自分が撮った写真をアート風にしてくれる。

参考までにカフェで撮った写真のビフォー・アフターを掲載しておくよ。

左:加工前 右:prisma加工後
prisma

こんな感じに簡単にアートのような絵になる。表現としても面白いし、自分のアートセンスを向上させるには持って来いだぜ。今日の午後は「Pokémon GO」だけでなく、この「prisma」で風景に注目して写真を撮るのはどうだろうか。ポケモンだけでなくリアルな風景に目を向けると、もっと素敵な週末になること間違い無しだ。

ちなみに「prisma」は以下からダウンロード可能だ。ぜひトライしてほしい。今のところiOSしか提供してないのが残念だ。
prismaダウンロードはこちら

さて、それでは本題に入ろうか。
今週のドワンゴクリエイターズブログの振返りと技術ブログのピックアップだぜ。

今週のドワンゴクリエイターズブログ

まずは今週のドワンゴクリエイターズブログを振り返るぜ。

誰でも簡単にイケてる映像が撮れる!? 3つのコツ

movie_top0
http://creator.dwango.co.jp/9645.html

新卒のアンニンオカザキが簡単にカッコイイ映像を撮るコツをまとめてくれた。
最近では背景動画のWebサイトが一般的になり、デザイナーが撮影と編集を担当することも少なくない。

まずは基本を抑えて動画撮影をしてみよう。

汎用性のあるロゴマークデザイン3つのポイント

shutterstock_447954613
http://creator.dwango.co.jp/9286.html

ロゴマークを製作する時のポイントや、制作後のレギュレーションブック策定方法を記載してくれたよ。
サービスブランディングや企業ブランディングの際に利用してくれ。

今週のオススメニュース5選

次にデザイン技術ブログ5選にいってみようか。

JavaScript無し!CSSで簡単に動きを実装するテクニックまとめ

JavaScriptの記述をせず、CSSのみで面白い表現ができる方法をまとめてくれている。

「モーダルウィンドウ」や「フルスクリーン スライド」なんかはすぐに取り入れたいところだ。

commteblog (2016/7/19)

http://commte.net/blog/archives/5917

Web制作の作業効率を格段にアップさせる便利なチートシートまとめ

Web製作する際にHTML や CSS のタグをすべて記憶しておくことはなかなか難しい。かと言っていちいち調べているとものすごい時間がかかってしまい製作効率は格段に落ちてしまう。

そこで利用したいのが、このチートシートだ。目的のものを見つけてより効率的な製作をしてくれ。

UX MILK (2016/7/19)

http://uxmilk.jp/44126

Atomic Designの考え方と利点・欠点

最近ちょくちょく聞くようになった 「Atomic Design」。
「Atomic Design」が何なのか、そしてそのメリットを知りたいピープルはぜひチェックしてほしい。内容がしっかりまとまっていて、知識を得るには最高の記事だ。

I’m kubosho_ (2016/7/19)

http://blog.kubosho.com/entry/using-atomic-design

美しい和柄のフリー素材がいっぱい!日本の伝統的な文様がシームレスにつかえるパターン素材 -Japanese Mon

珍しい和柄素材の紹介。製作する際に様々な素材を参考にするが、和柄ってほんとに少ないんだよな。

和テイストの製作をする際にぜひ利用してほしい。

エクスペリエンスデザインの基礎知識:モバイルアプリのアニメーション付きマイクロインタラクション

スマホアプリの利用が盛んなり、デザイナーはできるだけユーザーが心地よいものを提供するだけでなく、そのアプリでしか味わえない自然な感動を与える必要が増えてきた。そのために細部まで丁寧にデザインしなければならなくなり、マイクロインタラクションの重要度が高まっていると言える。

この記事ではマイクロインタラクションをデザインするときに考慮すべき項目をまとめているから、デザインをする前提の基礎知識として頭にいれるといいだろう。

人との直接的なコミュニケーションも細部にわたる心遣いが重要なように、デザインもパーツまでこだわることで利用者の満足度が高まるに違いない。

さいごに

今日は 「prisma」というアプリを紹介させてもらった。東京は天気もいいようだし、散歩がてら写真を撮りに行こうぜ。

ではまた来週に。
アディオス。

 

編集部オススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい記事

この記事を書いたメンバー

ジェイ

ジェイ

General Manager

ドワンゴ デザインコミュニケーション室長, ドワンゴデザイナーの統括, 案件の受注フロー、並びに社内外スタッフへの発注フローの設計を担当。dwango creators blogの編集長も兼務している。

ドワンゴデザイナー メンバー募集 ! !